佐賀大和の住宅が上棟しました。

 

家相の要望を取り入れ、基本となるスクエアな平面から計画を行い、

 

鬼門、裏鬼門を外しながら平面形状を削りとるように建物形状を決定しています。

 

屋根はよく見られる切妻屋根の棟を建物の対角線状に渡しているため、

 

平面形状とともにカットすることで東西南北の外観は全て異なる特徴的な見え方になっています。

 

一つのシンプルなルールでどれだけ変化を与えることができるか形態のスタディを繰り返し

 

施工業者の協力によって無事、上棟することができました。

 

施主の要望を最大限叶えるために、丁寧に監理を進めていく予定です。